うれしいニュース

みなさま、こんにちは。「Kiite!」編集部員Aです。
きょうの東京の天候はくもり。
編集部がある東京・大手町では、建ち並ぶビルのすき間の空に
梅雨の予感が漂っております。

5月23日、「Kiite!」6・7月号が発売されました。
ここ大手町でまとめられた記事は、印刷工場で製本され
全国の郵便局に届きます。
編集部を出て全国の郵便局の店頭にたどりついた「Kiite!」は、
窓口のどこに、どんな風に並べられているのか-。
発売後の編集部員の心境は、
まるで遠くに働きに出た子供を心配する親のようです。

そんな私達のもとに、6・7月号の発売から間もなく、
とてもうれしいニュースが届きました。

「発売初日に、島原市内の9つの郵便局でKiite!が完売しました」
と、空っぽになった「Kiite!」の販売ボックスと一緒に笑顔を見せるのは、
有明郵便局(長崎県島原市)の大野豊局長です。

有明局をはじめ島原市内の仲間の郵便局9局で、初日に売り切れたことを
知らせてくださいました。

「Kiite!の読者の方は、発売の日を心待ちにし、早く読みたいという気持ちでいらっしゃるからね。
 いつも読んでくださっているお客様に発売日をお知らせしたら、初日に品切れになりました」と大野局長。

有明局のほかは、
杉谷局

島原大手局

島原湊町局

島原江戸町局

三会局

島原局

南高湯江局

島原安中局

杉谷局の本多真人局長からは
「郵便局の香りがするのがKiite!のいいところ。
 切手のデザインに合ったポストカードがついていているなんて、
 ほかの雑誌にはない!」とうれしいお言葉が。

「Kiite!」は郵便局員さんの愛情もいただいて、読者のみなさまのもとに届くのです!