花と緑のエピソード①加納優香特派員&上本惠美子特派員

読者のみなさま、こんにちは。
とある取材で知りましたが、部屋に生花を飾ると
運気アップにもいいようです。

4・5月号の特集「花と緑のレッスン」は、
ページを繰るたび春色の花のオンパレード。
どの飾り方も簡単、おしゃれなので花を買い、
ぜひトライしてみてください。

郵便局特派員のみなさまも、花と緑がある暮らしを
楽しんでいらっしゃいます。
Kiite!編集部に寄せられた中から少しずつ、ご紹介します。

まず
代々木郵便局(東京)の加納優香特派員の写真から。

水耕栽培のヒヤシンスが、窓辺で気持ちよさそうに咲いています。

“ 花屋さんの前を通るのが楽しみな季節、
  毎週月曜に小さなブーケを買います。
  水耕栽培のクロッカスやヒヤシンスなど、
  ガラスの瓶やカップで
  根の美しさまで見えて成長が楽しみです。”

写真は少し前のもので、今は花が咲き終わり、
次の季節に向け、球根を休めているところだそうです。

三原宮浦町郵便局(広島県)の上本惠美子特派員からは
すてきなリースの写真が届きました。

“ 春に向かう季節にはミモザのリースが作りたくなります。
  お天気の良い日曜日、ミモザを求めてお花屋さんに
  行ったところ「ミモザの花は終わりました」・・・沈黙。
  ミモザのリースを作れなかった事が残念ですが、
  代わりに素敵なリースを見つけて買いました。
  バーゼリアに似た花(グリーン)にポイントの花たちは
  ナ・ン・ト!
 「木の皮」に色をつけて作られているそうです!
  素敵なリースに出会えて嬉しかったです  ”
  
ユニークなリースの発見を「ねえ、きいて!」という風に
説明してくださいました。 上本さんのリースは、まさに
Kiite!が目指す「お話しの種」にうってつけですね!