アイデアがキラリ☆(福岡県・早良南郵便局の宮原潤子特派員)

読者のみなさま、こんにちは。

ふらりと訪れた本屋やCDショップで、店員さんが書いた
「ポップ」に釘付けになること、ありませんか?
編集Aは本屋やCD店でPOPを熟読し、
ジャケ買いならぬ、POP買いをすることがあります。

Kiite!(きいて!)の場合、郵便局で働くみなさんに
添えていただくPOPが心強い味方となります。

郵便局特派員、宮原潤子さんから寄せられたのは、
インパクトのあるこんなPOP!

20161228121457-0001

目立ちますね。わかりやすく、華やか、かわいい!!
今号の第一特集では、53項目にわたり年賀状づくりを中心に
年末年始に使えるマナーとアイデアを詰め込んだのですが、
POPにある「マメ知識も盛りだくさんです」というひと言で、
ずばっとお客さまに伝えてくださっています。
20161228121457-0001

「今号は自分が欲しい内容が載っていて、満足感がありました。
 冬のごあいさつは、お客さまから聞かれる内容が多く、
 保存版にしておこうと思いました」
と、宮原さんご自身がKiite!の内容を気に入ってくださったこともあり、
こんなすてきなPOPが生まれたのかもしれません。

宮原さんはもともと飾り付けやイラストを描くのが昔から好きなのだそう。
その延長で局内でも季節の飾り付けや、販売商品のPOPなどを作られているそうです。

しかし、このPOPやディスプレイにたどりつくまで、試行錯誤を重ねてたそうで、
最初は
20161228121544-0001
と、ややシンプルな形。
十分目立ちますが、これだと売れなかったそうです。

そうしてたどりついたのが、冒頭の写真のPOP&ディスプレイでした。

結果、早良南局のKiite!は完売! でも、宮原さんはPOPの力だけではないといいます。
「やはり(お客様との)コミュニケーションに勝るものはないと感じています」とのこと。

これからも宮原さんとお客様の会話の種になれるよう、
Kiite!もパワーアップを目指します!

編集A