滋賀県高島市の「たかしま∞むすび」(滋賀県・朽木郵便局の本村香澄特派員)

読者のみなさま、こんにちは。
新米がおいしいこの季節、おにぎりは何よりのごちそうですよね!
まねして食べたくなるご当地おにぎりの情報が、郵便局で働く
「Kiite!郵便局特派員」から届きました。

今回は、緑の山々と琵琶湖に面する自然豊かな滋賀県高島市から。
なんとおにぎりで町おこしを、というムーブメントがあるそうです!

「高島はとてもお米がおいしくて、ごはんのお供になる発酵食も豊富。
それらを使ったご当地おにぎりを作ろうというプロジェクトが進められているんです」
と朽木郵便局の本村香澄さん。

その名も「たかしま∞むすび」というプロジェクト。
img_0706

地元の高島地域雇用創造協議会が中心となって、
・高島市産のお米を使う
・高島産の漬物(野菜や魚、肉などを漬けてある発酵食)を具材にしている
・こだわりのエピソードがあること
という3点を備えた地域色のあるおむすびをご当地メニューとして
開発し、名物にしていこう、という取組みです。

たとえば「高島名物とんちゃんを使ったおむすび」は
かしわ(鶏肉)を味噌漬けにした「とんちゃん」というご当地食をから揚げにし、
味噌と一緒に具材にしてにぎったおにぎりに、大葉を巻きます。
img_0686

また地元で人気の「高島ワニカフェ」でも、たかしま∞むすびを
販売したところ、大人気でたちまち完売したそうです。

「とんちゃんはとてもおいしいんですよ!おにぎりという誰にでもなじみのある
食べ物で地域の魅力を伝えるのは、すてきなアイデアですよね」
と本村さんも期待を寄せています。

たかしま∞むすびの情報は、

たかしま∞むすび~こだわりの発酵おむすびプロジェクト~