津和野の高菜おにぎり (島根県・畑迫郵便局の山本奈央巳特派員)

読者のみなさま、こんばんは。

きょうからKiite!公式ページに、新しいコーナーが登場しました。

Kiite!を販売している郵便局の職員さんたちが「Kiite!郵便局特派員」となり、
特集に合わせて編集部に「ご当地ニュース」を寄せてくれています。

その地に伝わる食文化や、いま注目が集まっていることなど、
地域に根ざした郵便局で働く人たちだからこそ知っている、
さまざまなお話が集まっています。
これからこの「きいて!MY NEWS」では郵便局特派員さんから
寄せられたトピックスを随時お届けしていきます。

トップバッターは、発売中のKiite!10・11月号の
「みんなのおにぎり!」でお客さまと話が盛り上がったという、
島根県津和野町の畑迫郵便局の山本奈央巳さんからの報告です。

山本さんのレポートに添えられていたのは、
鮮やかな緑の高菜で包まれたこんなおむすびの写真。
20161111165732-0001

「Kiite!に載っていた広島菜のおにぎりを見て、郵便局の隣にある西光寺のご住職が、
 『津和野では昔から、高菜で包んだおにぎりが食べられていたんだよ』と言って、
 作ってくださいました」

津和野では昔から高菜は塩漬けにして保存食にし、一年中食べてきたそうです。
そしてこのおむすび、中を割るとさらにおいしそうなんです。
20161111165711-0001

「ごはんはくちなしの種と一緒に炊いてほんのり黄色く色づいています。
 刻んだ梅干しが混ぜ込まれいて、緑、黄、赤と、華やかな色合いです
 わたしは津和野で育ちましたが、このおにぎりを食べたのは初めてです。
 見た目がいいだけじゃなくて、とてもおいしいんですよ」
と山本さん。

春に咲くくちなしの花でごはんを炊くと、さらに鮮やかな黄色が楽しめるそうです。